MOMOとMAMAにいきる最新の記事

アンプルールと高瀬ドクターその2

なんと、高瀬ドクターが化粧品に興味を抱くきっかけになったものが、昔から愛用されているヘチマコロンだったそうです。

高瀬ドクターが、小学校のころ、おばあさんに渡されて、つけてみたのがきっかけだとか。

確かに昔からある、ヘチマコロンは、香りもほのかで心地よくて、つけたあとはお肌がしっとりしますよね。

だから、長年、多くの人に愛されている化粧品なのですね。

そのころ、ヘチマコロンをつけた少女の高瀬ドクターの心はときめいて、化粧品という世界にあこがれを持ったそうです。

こうした出来事がきっかけで高瀬ドクターが「アンプルール」を生み出すことになったのですね。

 

また、高瀬ドクターが皮膚科の先生になった別のエピソードもあります。

先生は少女時代に両頬に「太田母斑」と呼ばれるアザがあったそうです。

先生が大学生のとき、ドクターである父から「レーザー治療」でそのアザを消す施術を進められたそうです。

レーザー治療をした後、頬からアザは消えて、心が晴れ晴れしたと言います。

そして、高瀬ドクターは、医学の可能性に興味を持ったということでした。

これも「アンプルール」が誕生したきっかけでしょう。

 

このような高瀬ドクターのエピソードもそうですが、女性は顔などに大きなシミや目立つアザ、ほくろなどのコンプレックスを持っている人が多いです。

本人はそれほど気にしないように振舞っていても、実は心のそこで気にしていることもあると思います。

本人が気にしているコンプレックスの元がなければ、きっと心も晴れ晴れとして表情も明るくなるでしょう。

ダレノガレ 東方神起

MOMOとMAMAにいきるについて

草や花のアクセサリーなどを、少しずつ、ご紹介していこうと思います。
  • FAXDM
  • 借金返済計画
  • 恋愛占いが当たる占い師ランキング